◼︎カラーが次の時代に入った

ハイ透明感カラー「アプリエ」 「イルミナカラー」が登場して

ヘアカラーも 今まで不可能だったアッシュ系の透明感のなるカラーが

簡単に表現できる時代になりました

実際 一度体験されたお客様のリピート率は90%以上で

お友達からも「いい色だね」と言われることが増えたという

嬉しい報告が多くあります

硬い髪も柔らかく見えるアッシュ系カラー

一度お試しください

新色が加わり 白髪染めも一部対応可能となりましたので

スタッフにご相談くださいね

HIDE3259

■ いい感じになってきた・・・

4月から新しいシャンプーを使い始めて

たくさんのお客様にも買っていただきました

最近では以前のようにベタついたりサラサラしすぎて

とてもカットしにくい ということが少なくなってきました

すごく仕事がやりやすくなって嬉しい限りです

¥8000という高価なシャンプーですが

買っていただけたお客様から絶賛されて

お友達にも紹介してくださったりして

最初の想定よりとてもよく売れるのでびっくりしています

・・で 買われた方の評判が良いので安心しています

私がここ10年くらい ずっと探し求めていた

洗い上がりのコンディションにようやく巡り合って

お客様も共感していただけて

とても幸せなことです

このシャンプーのシリーズに使われている

フムスエキス(フルボ酸エキス)の底力

見えてくるのは近い将来だと思いますので

今から楽しみにしています

■くせ毛さん

日々の仕事で私が感じるところでは 基本的にくせ毛の人は自分のくせ毛が嫌い! という事実です 私達はいい感じだと思ってるのですがご本人はダメっておっしゃいます
結局はストレートパーマなどの対処療法になりますのでちょっと伸びてきたらまたストレート
・・で 結局髪が傷んでますます汚い髪になってしまう

くせ毛は本来 パーマをかけた髪と同じお手入れをしないと綺麗にまとまりません 一番簡単なのが朝シャン→固定系のスタイリング剤をつけて
自然乾燥です もしくは朝シャン→しっかりブロー→固定スプレー もしくは 朝シャン→ドライヤー→固定系のワックスでスタイリング

ブローしても湿度の高い日は崩れやすくなるので固定スプレーは必須です 髪に触る癖のある方は固まらないハード目のワックスをつけておけば触ってもまた直せます

直毛にパーマをかけた方はみなさんこのようなスタイリングをお勧めしたら頑張ってやられるのですが くせ毛の方は 諦めてるのかどうなのかわかりませんが以外とやってくれなくって まとまらないまとまらないって 結局ストレートしてください!という結論になってしまいます

クルックルの髪の方はクルックルにしておくのが一番持ちが良くって似合うんですけどね〜 なかなか分かってもらえないです
分かってもらえたようでも 前髪だけはストレートパーマしてください っていう方がほとんどなんですよ

毎日仕事してて いつもこのことに頭を悩ませます

でも この気持ち ちょっとだけ理解していただければ 今後のヘアスタイル選びの参考になるんじゃないかと思いまして
本音を愚痴ってみました

■ヘアカラーのリスク・・・

今や美容室の主力メニューとなているヘアカラー

特に白髪染めですが

以外と皆さんリスクについて無頓着な気がします

今日 スタッフとも話したのですが

「カラー剤ってなんかすげ〜体に悪そうやねぇ」

「肝臓を悪くした人が 医者からヘアカラーは絶対やめなさいって言われたそうだよ」

「やっぱ肝臓壊すんやろかぁ?」

「どう見ても これは毒物やろ・・」

「調合してる時のガスを吸っただけで肺がんになりそうやもんねぇ」

こんな調子・・

真偽のほどは定かではないのですが 当たらずとも遠からずでしょう

でも

白髪を染めないわけにはいけませんよね

ヘアマニキュアでは明るめに染めにくいし・・・

じゃぁ 植物性だから「ヘナ」は? 大丈夫なの??

いえいえ

ヘナは日本では雑貨あつかいなので 人体への危険性は検査されていませんので

みなさん堂々とやってますが

ヨーロッパでは「発がん性」「催奇形性」があるとして 人体への使用は

禁止されているそうです

まあ漆なんかも植物ですからね

染料と名のつくものは結構体に害があるものが多いようです

本題に戻りますが

では どのようにしたら体に害が及ばずに髪が染められるのでしょうか?

答えは簡単です

人体に入るのは皮膚から というより毛穴からですから

要するに地肌に付けなきゃいいのです

Perminghouseではなるだけ地肌に付かないように塗布させていただいております

その上 カラー剤から発せられるガスからの刺激などを防ぐように

保護剤を直接塗布&カラー剤に調合してあります

完璧ですね(笑)

ただ これが完璧じゃないのは

地肌に付けないように塗布したら 根本のわずかな染め残りが出てしまいます

よく見なければ気づかない程度ですが

たまたまお客様に発見されて 「染まってないよ##」ってお叱りを受けますが

Perminghouseと致しましては

少々の染め残しより 体への悪影響を避けることの方を優先させていただきますので

ご了承ください

どうしても染め残しが気になられる方はおっしゃっていただければ

地肌まで塗布させていただきます(商売ですので お客様を失うのは厳しいです)

ただし 髪が細くなっても 肝臓悪くしても 当局は一切関知しませんので

そのおつもりで・・・・

 

 

■縮毛矯正は○それとも×

縮毛矯正っていうのは

癖毛を真っ直ぐにするパーマです

アイロンを使った矯正がでたのは

ずいぶん昔

当時は衝撃的でした

あれから約20数年

いまでは薬剤も技術も良いものができて

昔とは比べ物にならないくらい良くなりました

しかし 根本の問題点はずっと変わりません

ボリュームダウンによる生え際の曲がり

こいつが曲者で 少し伸びてくると

グイッと力強く曲がります

お客様はこいつをご自分の癖と勘違いして

わ〜〜また癖が出てきた〜〜って

美容室に駆け込むのです・・・

私の判断基準は

境目の曲がりよりも根本側の自毛のうねりの方が強い方は

矯正したほうが良い方

境目のうねりより自毛のうねりの方が弱い方は

一度矯正をやめてみた方が良い方です

現に私は何人ものお客様を

縮毛矯正の呪縛から救ってきました

今ではその方達は癖毛を生かした

素敵なヘアスタイルを楽しまれています

ワンレンストレートの時代はとうの昔に終わってるのですが

シャンプー剤にせよパーマにせよ

なんか時代が止まってるようで気持ち悪いですね

今日はこの辺で・・・

 

 

 

 

■コンディショナーの呪縛・・・

お客様に色々とお話を伺ってると

どうやら どなたもコンディショナーを使いすぎているようです

パサつくのが怖いから・・・

傷むといけないので・・・

やっぱトリートメントはリッチにたっぷり使わないと・・・

色々とご自分なりにヘアケアに気を使ってらっしゃるのは

とても良いことです

ただぁ〜〜

コンディショナー(トリートメント)は 油分と皮膜剤がほとんどで

髪の毛の栄養とはちょっと違う気がします

油分が多すぎると乾きも悪いので

ヘアスタイルが決まらないんですよね

ここ最近では

お客様に コンディショナー使うのやめてみませんか?

って ご提案してたりします

昔のシャンプー(石鹸で洗ってた頃)はアルカリで膨潤するので

ちゃんと酸リンスしないと髪が傷むよ〜〜 で正解でした

また ボディコンワンレン(古っ!)の頃は猫も杓子も

ストレート毛だったのでコンディショナーもそのヘアスタイルに合わせて

油分や皮膜材の多いものが使われていました

でも

今は

パーマかけたりして ちょっとパサってしてる方が可愛い〜

なのにワンレン時代のシャンプーコンディショナーみたいのがほとんどなので

うまくパーマが出せないし ふんわりしないんですねぇ

あなたも

一度コンディショナーなしで

やってみてください

以外と可愛い髪型になれるかも?

それから コンディショナーはしなくっても髪が傷んだりしませんので

ご安心ください

■ヘアケアの基本はシャンプーから・・・

最近ようやく気がつきました

というより以前から分かっていたのですが 再認識です

まとまりがよく美しいヘアスタイルは

「日頃のシャンプーが全て!」 と言い切れます

ちゃんとしたシャンプー剤をつかって洗髪していれば

トリートメントやコンディショナーも要らず

乾かせるだけでしっかりまとまります

早く乾きます スタイルがキープできます

場合によっては抜け毛も薄毛も解消します

くせ毛さんは広がりにくく

軟毛さんはふんわり

剛毛さんはしっとり柔らかく

今までは「コンディショナーでコントロール」が常識でした

違います

コンディデョナーは これらの仕上がりを阻害していたのです

なぜかって? 普通コンディショナーは油分や皮膜剤だからです

乾きにくくして 滑らせて べったりして・・・

私が最近出会ったシャンプー剤は

髪の内部にしっかり潤いを与えながら表面はカリッと乾きます

上質な焼きたてのフランスパン(笑)みたいに

まとまりが良いだけではありません

コーティングや脂気がないのでパーマやカラー剤も弱めのもので

すっと髪に入るのでダメージも最小で美しく仕上がります

唯一 欠点 といえば

お値段が・・・・¥8000(320ml)

ということでしょうね

でも

使ってみれば わかります

13094362_1063306407077734_6762817820831056063_n